カカオニブのパスタ

カカオニブ。

つまり、カカオ。

チョコレートの素。

ココアが固まったもの。

スーパーフードですよ

と、お土産に頂きました。

せっかくのスーパーフード、

そのままで食べる以外に楽しめる方法は、と考えました。


というのも、イタリアにはカカオを練り込んだ

茶色いパスタ(もちろん甘くない)がアッシジ地方に存在しており

濃い味の肉系のパスタソースに和えたりします。

それをヒントに作ってみました。


生ソーセージ風にひき肉に、セージやにんにく、フェンネルシードを加えて練り

キノコと赤唐辛子たっぷり、と豆乳でソースに。

そのうえにカカオニブをかけ

そこにパルメザンもたっぷり加えたあとに食べました。

(写真はパルメザンかける前)


これはこれは、なんともガツンとくるお味。

唐辛子やハーブでカラダが目覚めたあとに

カカオが血流とドクドク動かしてくれる感じになりました。


上手に味の説明ができませんが


肉肉しいチーズたっぷりのスパイシーなクリームソースのパスタに

苦いココアがかかっている、って感じです。




葉山でおうちクッキング

savoring the food and drink lifestyle