ケータリングへの挑戦

先日、某所落語寄席のあとに行われた

交流会での

「日本酒に合う おつまみ」


のオーダーを受け、初めてケータリング食を

納品してみました。

落語を聞いたあとには、ふと、お醤油味のものが

口にしたくなるんだ。と、主催者からのお話しがありました。

しかし、日本食だけでは私らしさを表現することはできません。

やはりここは、和と伊の融合。を意識してみようと思いました。


で、メニューは

・いぶりがっこのポテサラ、グラナパダーノいっぱい

・玄米煎餅とスモークサーモンとクリームチーズ、三浦のキュウリと共に

・三浦のきゅうりとディルの酢の物

・枝豆のフムス 

・キスのジェノベーゼ巻き、パン粉グリル

・砂肝のローズマリー焼き鳥

・デーツと猪サラミとペコリーノサルド


おちょこでほんの1、2杯の日本酒とおつまみ。

というイメージでしたが、主催者様からは

「お客様は大満足していた!」とのご報告をいただき

大変うれしくなった一日でした。


ありがとうございました。


葉山でおうちクッキング

savoring the food and drink lifestyle